イガグリウミウシ(Cadinella ornatissima)

生息地:インド・西太平洋に分布 体長:約30mm 特徴:体地色は白色から黄色のものや、黄色のみのものもあり変異が多い。白色の大小の突起が散在していて先端はぼやけた赤色をしている。触覚は半透明な白色。 奇抜な色をしているので目立ちます。確かに栗のような形をしているが色は程遠い、、、、 撮影場所:石切 撮影カメラ:CANON PowerShot s110

続きを読む

サーシャコヤナギウミウシ(Janolus savinkini Martynov & Korshunova)

生息地:西太平洋に分布 体長:約70mm 特徴:体は半透明な白色から黄色で大小の突起が全体にあり、突起の先端は青紫色から紫色。トゲトゲウミウシにあるような白色の色素はない。触覚は突起と同色。 見た目はブヨブヨ。トゲトゲを揺らしながら歩く。 撮影場所:レッドビーチ 撮影カメラ:CANON PowerShot s110

続きを読む

クロモドーリス・プレキオーサ(Chromodoris preciosa)

生息地:インド・西太平洋に分布 体長:約15mm 特徴:背面は白色で外套膜周縁は外側から白色、赤紫色、橙色の帯で縁どられている。触覚と鰓は淡白な赤紫色。 かなり小さいウミウシ。真っ白で、雪でつくったウサギのような見ためをしていました。 撮影場所:レッドビーチ 撮影カメラ:CANON PowerShot s110

続きを読む