ハナヒゲウツボ

PB280763 (2).JPG


ウナギ目 ウツボ科 ハナヒゲウツボ属
英名:Ribbon eel
漢字名:鼻髭鱓、花髭鱓

国内では和歌山県以南の太平洋域、琉球列島に分布し、国外ではインド洋・太平洋の西部に分布する。水深50mほどまでのサンゴ礁域や岩礁域に生息する。岩や珊瑚の割れ目、または砂底に掘った穴を巣にしている。食性は小魚や甲殻類などを捕食する肉食性。幼魚の体色は黒く、成魚は青い。雄から雌への性転換の過程で体色はさらに変化し、少しずつ黄色み帯びてくる。和名の由来は片方の鼻孔が管上に長く伸び、先端が花びら状に開いていることから。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック