シマキンチャクフグ

フグ目 フグ科 キタマクラ属 生息地:サンゴ礁域 体長:約7cm~9cmほど 特徴:鞍上斑紋(背中を中心に左右にある斑紋) 小さく綺麗な容姿とは裏腹に血液や内臓にテトロドトキシン(フグ毒)を持つ。雑食で海藻類やサンゴ、甲殻類、クモヒトデなどを食べる。カワハギ科のノコギリハギはシマキンチャクハギに擬態し、よく似ているので背ビレや尻ビレで判断しよう。 撮影地:真栄田岬(…

続きを読む

クログチニザ

スズキ目 ニザダイ科 クロハギ属 英名:Chocolate surgeonfish, Mimic surgeonfish, Orange-gilled surgeonfish インド洋、太平洋西部・中部に分布し、サンゴ礁域や岩礁域の浅所に生息している。体長は約25cm。幼魚の体色は全体的に黒みを帯びており、尾鰭にかけて色味が濃い。また背鰭の中央辺りから尾鰭にかけて鮮やかな青…

続きを読む

バイカナマコ

マナマコ科 漢字名:梅花海鼠 沖縄以南から太平洋西部インド洋のサンゴ礁に生息する。体長は80cmほどで大型。体表にある梅の花のような突起(いぼ足)が特徴的。名前の由来にもなった。見た目からは想像できないが、中国では高級食材として扱われている。

続きを読む