ミカドウミウシ(Hexabranchus sanguineus)

生息地:インド・西太平洋に分布 体長:約100mm 特徴:背面の体色は淡黄色から赤色、青色などいろいろな色があり、背面には赤、白色斑が散在している。小判型で、外套膜周縁は背面内側に巻いているが、外的刺激に対して瞬時に拡張する。また、周縁を波打たせて遊泳する。鰓は6個あり、それぞれ独立していて淡黄色から赤色。裸鰓目最大種のひとつ。 大きいし派手な色ですごく目立つウミウ…

続きを読む

ヒトデヤドリエビ

Periclimenes soror 生息地:インド・西太平洋に分布 体長:約15mm 特徴:ヒトデ類を宿主としている。宿主の色彩に合わせて共生していて、様々な色彩がある。背面に縦帯が入るものもある。体長は1cm程の小型種。 マンジュウヒトデをひっくり返したときにいました。ヒトデの色によっていろいろな色があるのでおもしろい。おしゃれさんたち。 撮影場…

続きを読む

モンコウミウシ(Chromodoris aspersa)

裸鰓目 ドーリス亜目 生息地:インド・西太平洋に分布 体長:約25mm 特徴:体地色は白色から灰色で、背面全体にぼやけた紫色の斑紋が散在している。外套膜周縁部は細い黄色から橙色で縁どられている。触覚や鰓は半透明な白色から褐色をしている。 紫のドット柄がかわいいく、黄色の縁がアクセントになっていていい。鰓のふわふわもかわいい。 撮影場所:残波 …

続きを読む